ミニファミリーコンピュータって!?

ミニファミリーコンピュータって!?

 

ゲームといえば任天堂。

 

その任天堂が今年2016年の11月10日に新品物となる、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(通称:ミニファミコン)」を売り出ししたのをご存じでしょうか。

 

このゲーム機は1983年の7月にニホンで売り出しされ、外国だとしても大好評を集めたあの「ファミコン」と同じゲーム機だと言うのです。

 

大きさは昔の大きさを約60%にしたと言う手のひら大きさのゲーム機。

 

このゲーム機には、当時のソフト30本が内蔵されているのだと言うのです。

 

ですので、カセットを別で買わなくてはいけない・・と言うことがないのです

 

ですので、昔のファミコンのカセットを持っていても、そのカセットを差し込んでゲームを楽しむこと言うのは出来ないのです。

 

こちらの「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(通称:ミニファミコン)」はすでにかなりの大好評ぶりを発揮しており、市販ストアーには予約が殺到しているのだといいます。

 

昔のブームが再び復活する気配です。

 

価値のほうも、5,980円とかなり安めに設定されているので、買入者も悩まずに買入出来るのでしょう。

 

当時のソフトが30ソフト入っているとのことですが、いったいどんなタイトルが入っているのでしょうか。

 

大好評所でいったら、「ドンキ」や「マリオ」は自然みたいに入っているやうです。

 

なんといってもカセットの交換無しで楽しめると言うのがお手がるに楽しめる秘訣です。

 

付属のUSBケーブルを別売のACアダプタや、USB電源供給機材と接続し、付属のHDMIケーブルでテレビなどの外部ディスプレイに接続して使用するのだやうです。

 

ミニファミリーコンピュータ内蔵のタイトルとは!?

ミニファミリーコンピュータって!?

 

つい先日売り出しされたミニファミリーコンピュータをご存じですか?今の30代や40代の人のケースではは知らない人はいないでしょうと言うくらい大好評があったゲームです。

 

そのゲームが小ぶり化されて、2016年11月に売り出しされたのです。

 

当時のゲームといったらファミコン。

 

家のなかで遊ぶといったらたいていファミコンだったといって過言ではないと言うくらい、大好評のあったゲーム機です。

 

そういったファミコンの小ぶり化が売り出しされたわけですが、当時は他のゲームを楽しむにはカセットを入れ替えなければならなくて、より一層そのカセットはなかなか一回でおもうように読み込んではくれなくて、カセットをかえる度に、イライラしたと言う人も沢山のではないでしょうか。

 

この度売り出しされた、ミニファミリーコンピュータは、なんとその面倒なカセット入れ替えが不要だと言うのです

 

なんだとしても、83年から11年間の間に売り出しされている30タイトルがすでに内蔵されているとのこと。

 

11年もあればトレンドも色々あっただろうが、どんなカセットが内蔵されているのでしょうか

 

ドンキーコング、マリオブラザーズ、パックマン、エキサイトバイク、バルーンファイト、アイスクライマー、ギャラガ、イー・アル・カンフー、スーパーマリオブラザーズ、ゼルダの伝説、アトランチスの謎、グラディウス、魔界村、ソロモンの鍵、メトロイド、悪魔城ドラキュラ、リンクの冒険、つっぱり大相撲、スーパーマリオブラザーズ3、忍者龍剣伝、ロックマン2 Dr.ワイリーの謎、ダウンタウン熱血物語、ダブルドラゴンII ザ・リベンジ、スーパー魂斗羅、ファイナルファンタジーIII、ドクターマリオ、ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大スポーツ会、マリオオープンゴルフ、スーパーマリオUサービスエリア、星のカービィ 夢の泉の物語。

 

が内蔵されているやうです。

 

ただし、ダウンロード等でソフトを追加すること言うのは出来ないとのことです。

 

昔流行ったファミコンが復活!その理由とは!?

ミニファミリーコンピュータって!?

 

今トレンドっているゲーム機といったらwiiを始め多彩なゲーム機が出回っています。

 

今は今で楽な所もありますが、昔のゲームには昔のゲームの良さがあったかとおもいます。

 

昔のゲームといったらなんといっても「ファミコン」でしょう

 

そのファミコンが小ぶり化されて2016年11月に売り出しされているのだといいます。

 

しかしながら、なぜ今この時機でまたファミコンが売り出しされることになったのでしょうか。

 

その理由を任天堂の広報さんに訪ねてみたと言うのです。

 

その理由がこちらになります。

 

「この品物は特定のアニバーサリー企画とタイUPしたり、限定売り出し品物ではないとのこと。

 

HDMI端子を備えたTVやモニター、市販生産品のUSB電源供給デバイスが普及した今だからこそ、手がるに持ち運べるコンパクト大きさにして、買入者がお買い求めいただき易い価値で提供出来ることになり、リアルタイムで遊んだ方たちにも、リアルタイムではない方だとしても当時、世間現象を巻き起こしたファミリーコンピュータを願わくは経験してほしいと考えております」とのことでした、。

 

筆者は自宅にファミコンがありませんでしたため、近所にファミコンがある家までプレイにいっていたのです。

 

そういった人たちからしたケース、願ってもいないチャンス到来ですよね!しかもお価値も5,980円と言うかなりローコストで手に入ると言うのですので、買わずにはいられません。

 

当時おもいっきり楽しめなかった人たちは、この機会にローコストで手に投入して楽しんでみては如何ですか!?

TOPへ